NEWS & BLOG新着情報

アフターコロナの電話対策

アフターコロナの対策は進んでいますか?新しい働き方や生活様式に合わせて、各企業では新しいシステムやツールの導入が進んでいます。紙はデータへ、印鑑も電子化されようとしています。

では電話対応はどうでしょうか?何もしないままでは、会社に出勤できなければ会社の電話は使えません。コミュニケーションの機会を逃さないためにも、在宅ワークや災害時の対策として今のうちに準備しておくことが必要です。

そこで今回は新しい働き方に対応した電話の使い方を2つご紹介したいと思います。

1.会社にきた電話を複数の社員に転送

不在時の対応としてよく使われている転送電話。実は在宅ワークや災害対策としても便利に使うことができます
それは、会社にかかってきた電話を複数の社員に転送することで、まるで会社にいるかのように発信相手とコミュケーションをとることができるというもの。
働き方や生活様式が変わっても、顧客とのコミュニケーションの機会を取り続けることができます。

また転送相手が一人だけだと他の着信を受けることはできませんが、弊社の転送システムを使うことで複数の電話を社員みんなで受け取ることができます。一人が電話をとると他の人の着信は止まり、残りの人は次の電話をとることができるので複数の電話をとることができます。

一度対応した電話を切り、再度自分の電話機(スマホや固定電話など)からかけ直したいときは会社用に用意した電話番号からかけることができるため、相手にプライベート用の電話番号が通知されず、手持ちの電話機でプライベート用と仕事用の電話が可能になります。

2.留守電をチャットツールに連携して情報共有

チャットツールを社内コミュニケーションとして使用している場合は留守電を連携することが可能です。着信があったことをみんなで共有・相談できるのでスピーディに対応することができます。
また留守電にメッセージが残された場合は音声が添付できます。さらにテキストとして確認したい場合は音声認識機能を使用しチャット上に留守電メモを残すことも可能です。

新しい働き方への変化とともに電話の使い方も変化しています。ご質問はお気軽にお問い合わせください。

サービス