情報セキュリティ基本方針

 
 

株式会社メディアシステムは、より良い商品やサービスを提供して社会の発展に寄与するために、

お客さまや取引先からお預かりした情報資産や当社の情報資産を守ることが責務であると考え、

「情報セキュリティ基本方針」を定めています。

 
 
 

情報セキュリティ基本方針

 

 

1.宣言

 

 メディアシステムは、通信ネットワークに特化したシステム開発を強みに長年の実績を活かし、

 

 ICT・IoTシステムを多くのお客様に提供しています。

 

 一方、こうしたビジネスを脅かす不正アクセスやサイバー攻撃は昨今避けられない経営リスクとなっており、

 

 情報セキュリティに関する安心・安全性・可用性の確保が重要になってきております。

 

 このため、次の情報セキュリティ基本方針を定め、取り扱うすべての情報資産に対する機密性、完全性を保全し、

 

 今後の社会の変化に対応した管理策を継続的に展開することをここに宣言します。

 

 

2.適用範囲

 

 本方針では、メディアシステムの管理下にあるすべての業務活動に関わる重要な情報資産(含個人情報)を

 

 適用範囲とします。

 

 

3.法令遵守

 

 メディアシステムは、情報セキュリティに関する各種法令、国が定める指針およびその他規範を遵守します。

 

 

4.情報セキュリティ管理体制の確立

 

 メディアシステムは、情報セキュリティ管理体制を整備し、組織として意思統一された情報セキュリティ管理を

 

 実施します。

 

5.情報セキュリティ規程の制定

 

 メディアシステムは、情報セキュリティ対策を講じるにあたり、遵守すべき行為および判断などの基準を

 

 統一的に定めるため、必要となる基本的な要件を明記した情報セキュリティ規程を制定します。

 

 

6.情報セキュリティ対策の実施

 

 メディアシステムは、情報資産に応じた適切な情報セキュリティ対策を実施することで、

 

 情報セキュリティ事故の発生予防に努めるとともに、万一、事故が発生した場合には、迅速に対応し、

 

 被害を最小限にとどめるとともに再発防止に努めます。

 

 

7.情報セキュリティ教育・訓練の実施

 

 メディアシステムは、役員および従業員(正社員、および契約社員)に対して情報セキュリティの

 

 重要性を認識させ、情報資産が適正に利用されるよう、教育・訓練を実施します。

 

 

8.情報セキュリティ対策実施状況の評価及び継続的改善

 

 メディアシステムは、本方針および情報セキュリティ規程が遵守されていることを確認するため、

 

 定期的に情報セキュリティ対策実施状況を評価し、継続的に改善を図ります。

 

 

 制定日 2019年5月1日

 

株式会社メディアシステム

 

代表取締役社長 石井 光弘