NEWS & BLOG新着情報

【お礼】UOS九州フェア無事終了

皆さんこんにちは!
 

先日 11月8日(金)UOS九州フェアに出展してきました!

 

今回の出展にあたり 実は新しく準備したものが・・・・
 
 
それは・・・
 
 ↓
 
 ↓
 
 ↓
 
 ↓
 
こちら!
 
・のぼり
・ロールアップバナー
・テーブルクロス
 ※ほかにもあったけど 今回はこれを持参
 
今までとちがって格段に華やかさがありますね! 
 
 
 
 
なんだか皆うれしそうです。
 
 
 
 
※黄色のポロシャツは今年のUOSフェア委員のウェア
 
 
今回は入口すぐという好立地★
それもまた 非常にありがたかったです。
 
 
 ――今回のテーマ――
 「未来の働き方を創造するデジタルトランスフォーメーションの世界!」
 
 今回は最近よく耳にするDXがテーマでした。
 
 
 
 
 弊社はメイン商材であるCTI に
 音声認識の技術を用いた機能をご紹介★
 それぞ 『音声認識IVRシステム』
 これだけ見ると・・・???となるかもしれませんが
 今までのよくある音声応答IVR*1とは違い
 
 
 *1 音声応答IVR
   例えば 身近な例でいくと ・・・ 
   連絡用の電話番号やフリーダイヤルに電話します。
   オペレーターではなく、音声により「商品のご注文は1を」
   「お問い合わせは2を」など音声が案内してくれる仕組みです。
 
 
 電話のダイヤルやキーパッド操作の必要なく
 あなたのその「声」で操作することができます!
 また発した「キーワード」から「次のフロー」を
 自動で選んで進んでいきますよ!
 
 ※ぜひ興味ある方は お声かけくださいー
 
 
  ————ここでちょっとだけ 掘り下げタイム———–
 
  あちこちで目にする「DX」
  すでに取り組みを始めている企業も増えてきてはいますが
  まだまだ本領発揮されるような事例はすくないとされています。。。
 
  そもそも
 
  「デジタルトランスフォーメーション」とは何?というところから。
 
  2004年にスウェーデンの
  ウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって提唱された概念で
  ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させると
  いうものです。
 
  
  ――ではなぜ今DXが注目されているの?――
 
  日常生活の中においても、かなりの変化を感じている方は多いとおもいますが
  デジタル技術の進化に伴い
  今までになかった製品・サービス、ビジネスモデルの展開が
  急速になされています。
  気づけば身の回りでいくつあることやら!
 
  ざっくりいうと この時代の流れの中で 
  今まで通り企業が収益をあげる、維持するには
  大きな変革が必要だといわれています
 
  経済産業省の
  『DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~』
   も ぜひ!ご一読いただきたいですが・・・
 
   と、、、今回はここまで。この続きはまた後日に♪
 
  ——————
 
はじめは どのくらい来場があるかと ドキドキしておりましたが
多くのお客様にお越しいただくことが出来ました。
 
途中 格闘家である 角田 信朗さんの
「人財育成の秘訣」という興味深いセッションもあり 大賑わい!!
(私も聴きたかった!)
 
 
 
 
 
ご来場いただきました皆様
本当にありがとうございました。
 
 
無事にフェアを終え
私も今回は出展サポートだったので
出展企業同士の交流会にも参加させていただきました。
 
 
 
 
 
 
普段なかなか会う機会がない方々とも
話せとてもありがたい時間でした。
 
今週末は東京での開催!
また 一味違った雰囲気になるのでは?と
考えています。
 
次回は東京での開催光景をご紹介させていただきます!
 
 

BLOG